menu
閉じる
  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールド…
  2. カテゴリをチェックした時に、並び順が変更にならないようにする
  3. CSSでグラデーションテキスト
  4. メニューのリンクが空の場合はa要素を出力しない
  5. WordPressのナビゲーションメニューに説明を使う
  6. WordPressのヘッダーから余分なMETA情報や絵文字関連を削除
  7. Advanced Custom Fieldsの出力
  8. Welcartの商品一覧でSKUごとの価格を表示する
  9. WordPressで複数の条件を組み合わせた検索フォーム
  10. Advanced Custom Fields : Repeater F…
閉じる
閉じる
  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールド…
  2. 投稿ページが複数カテゴリに紐づく場合のパンくずリスト
  3. MW WP Formのフォームに投稿やカスタム投稿、タクソノミーを選択…
  4. jQueryプラグイン「VEGAS」にテキストを追加して背景の切り替え…
  5. 親ターム子ターム毎にまとめて記事一覧を表示する
  6. ビジュアルエディタにTinyMCEの機能を追加する覚書(プラグインなし…
  7. Really Simple CSV Importerプラグインでパーマ…
  8. Advanced Custom Fields PROの「オプションペー…
  9. 管理画面のカスタム投稿記事一覧ページでカスタムタクソノミーで絞り込み
  10. 【令和追加】date()関数を日本の元号に対応させる
閉じる

Mana Design Lab.

ビジュアルエディタの見出しや段落を制御する

WordPressのビジュアルエディタは便利です。
HTMLを書く必要がなく、要素の閉じ忘れとか気にしないで済みます。

しかしながら、「見出し1」は「h1」に該当するため不要なシーンがほとんどかと思います。
これに限らず取捨できたらベストなので、下記をfunctions.phpに追記して自由に制御します。

 

関連記事

  1. Advanced Custom FieldsプラグインのRepe…

  2. ビジュアルエディタにTinyMCEの機能を追加する覚書(プラグイ…

  3. WordPressのナビゲーションメニューに説明を使う

  4. Advanced Custom Fieldsの出力

  5. WordPressのテキストエディタから不要なボタンを削除

  6. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィ…

おすすめ記事

  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールドを含め他のページで表示する
  2. Really Simple CSV Importerプラグインでパーマリンクの末尾に付く「-2」をSQLで一括削除
  3. 【令和追加】date()関数を日本の元号に対応させる
  4. WordPressで複数の条件を組み合わせた検索フォーム
  5. ログイン画面をカスタマイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 他のページで設定したブロックの内容を表示したかった時の覚書。汎用性からショートコードにまとめ…
  2. 大量の記事をCSVで一気に流し込めるプラグイン「Really Simple CSV Importer…
  3. 未だに明治やら大正やら昭和やら平成やら日本の元号がちょくちょく利用されますが、素晴らしいdate()…

最新記事

  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールドを含め他のページで表示する
  2. 投稿ページが複数カテゴリに紐づく場合のパンくずリスト
  3. MW WP Formのフォームに投稿やカスタム投稿、タクソノミーを選択項目として表示
ページ上部へ戻る