menu
閉じる
  1. Welcartの商品一覧でSKUごとの価格を表示する
  2. メニューのリンクが空の場合はa要素を出力しない
  3. WordPressのナビゲーションメニューに説明を使う
  4. Advanced Custom Fields : Repeater F…
  5. カテゴリをチェックした時に、並び順が変更にならないようにする
  6. WordPressのテキストエディタから不要なボタンを削除
  7. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールド…
  8. Really Simple CSV Importerプラグインでパーマ…
  9. ログイン画面をカスタマイズ
  10. CSSでグラデーションテキスト
閉じる
閉じる
  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールド…
  2. 投稿ページが複数カテゴリに紐づく場合のパンくずリスト
  3. MW WP Formのフォームに投稿やカスタム投稿、タクソノミーを選択…
  4. jQueryプラグイン「VEGAS」にテキストを追加して背景の切り替え…
  5. 親ターム子ターム毎にまとめて記事一覧を表示する
  6. ビジュアルエディタにTinyMCEの機能を追加する覚書(プラグインなし…
  7. Really Simple CSV Importerプラグインでパーマ…
  8. Advanced Custom Fields PROの「オプションペー…
  9. 管理画面のカスタム投稿記事一覧ページでカスタムタクソノミーで絞り込み
  10. 【令和追加】date()関数を日本の元号に対応させる
閉じる

Mana Design Lab.

Welcartの商品一覧でSKUごとの価格を表示する

WordPressのショッピングカートプラグイン「Welcart」。

既存テーマにも後からショッピングカート機能を追加できるので重宝している方も多いと思います。

しかも国産

Welcartは1つの商品でもSKU毎に価格が違ったりします。
Welcartの標準テンプレートだと先頭のSKU価格しか商品一覧画面で表示されないため、複数のSKUを持つ商品の場合は工夫が必要になります。

参考

Welcart テンプレートタグ
usces_the_itemCode() 商品コード
usces_the_itemName() 商品名
usces_the_itemSku() SKUコード
usces_the_itemSkuDisp() SKU名
usces_the_itemCprice() 定価
usces_the_itemPrice() 売価
usces_the_itemZaiko() 在庫状態
usces_the_itemSkuUnit() 単位
usces_the_firstSku() 先頭のSKUコード
usces_the_firstPrice() 先頭の売価
usces_the_firstCprice() 先頭の定価
usces_the_firstZaiko() 先頭の在庫状態
usces_the_lastSku() 最後尾のSKUコード
usces_the_lastPrice() 最後尾の売価
usces_the_lastZaiko() 最後尾の在庫状態
usces_the_itemQuant() 数量入力フィールド
usces_the_itemSkuButton($value) カート投入ボタン value はボタンの表示ラベル
usces_the_itemImage($number, $width, $height) 商品画像出力タグ number は画像のインデックス、0がメイン画像でそれ以降はサブ画像
width は画像の幅、heignht は画像の高さ(縦横比はWordpressに準ずる)
usces_the_itemImageURL($number) 商品画像URL number は画像のインデックス
usces_guid_tax() 消費税ガイド 「(税込)、(税別)」の表示
usces_is_item() 商品か否か true 商品、false 商品以外
usces_the_item() オブジェクト準備
usces_sku_num() SKUの数 その商品が所有するSKUの数
usces_is_skus() SKUがあるか否か true 存在する、false 存在しない
usces_have_skus() ループ用フラグ
usces_is_gptekiyo( $post_id, $sku, $quant ) 業務パック割引適用フラグ 業務パックが適用されるか否か
usces_the_itemGpExp( ) 業務パック割引ガイド
usces_get_itemSubImageNums() 商品サブ画像の数
usces_is_options() 商品オプションフラグ true オプションあり、false 無し
usces_have_options() ループ用フラグ
usces_the_itemOptName() 商品オプション名
usces_the_itemOption($name) 商品オプションフィールド
usces_is_cart() カートフラグ カーとの中に商品が、 true 存在する、false 存在しない
usces_the_company_name() ショップの会社名
usces_the_zip_code() ショップの郵便番号
usces_the_address1() ショップの住所1
usces_the_address2() ショップの住所2
usces_the_tel_number() ショップの電話番号
usces_the_fax_number() ショップのFAX番号
usces_the_inquiry_mail() 問合せ用メールアドレス
usces_the_postage_privilege() 送料無料条件 送料が無料になる金額
usces_the_start_point() 初回ポイント 会員入会したときのサービスポイント
usces_the_calendar() 営業日カレンダー
usces_loginout() ログインリンク
usces_is_login() ログインフラグ true ログイン中、false ログインしていない
usces_the_member_name() ログインしている会員名
usces_is_membersystem_state() 会員システムフラグ true 会員制オン、false オフ
usces_is_membersystem_point() ポイントシステムフラグ true ポイント制オン、false オフ
usces_copyright() コピーライト
usces_totalprice_in_cart() カート内の合計金額 商品のみの合計金額
usces_totalquantity_in_cart() カート内の合計数量 全数量

関連記事

  1. WordPressの記事IDから投稿者IDを取得する

  2. ビジュアルエディタにTinyMCEの機能を追加する覚書(プラグイ…

  3. ビジュアルエディタの見出しや段落を制御する

  4. メニューのリンクが空の場合はa要素を出力しない

  5. MW WP Formのフォームに投稿やカスタム投稿、タクソノミー…

  6. ログイン画面をカスタマイズ

おすすめ記事

  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールドを含め他のページで表示する
  2. Really Simple CSV Importerプラグインでパーマリンクの末尾に付く「-2」をSQLで一括削除
  3. 【令和追加】date()関数を日本の元号に対応させる
  4. WordPressで複数の条件を組み合わせた検索フォーム
  5. ログイン画面をカスタマイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 他のページで設定したブロックの内容を表示したかった時の覚書。汎用性からショートコードにまとめ…
  2. 大量の記事をCSVで一気に流し込めるプラグイン「Really Simple CSV Importer…
  3. 未だに明治やら大正やら昭和やら平成やら日本の元号がちょくちょく利用されますが、素晴らしいdate()…

最新記事

  1. Gutenberg ブロックエディタに設定した内容をカスタムフィールドを含め他のページで表示する
  2. 投稿ページが複数カテゴリに紐づく場合のパンくずリスト
  3. MW WP Formのフォームに投稿やカスタム投稿、タクソノミーを選択項目として表示
ページ上部へ戻る